印鑑とは

 

起業の届出

起業の優位性

法人形態

起業のコスト

起業のはんこ

起業の段取り

印鑑 押印する場所

印鑑 証明について

住所移転

子供が産まれた

実印 の変更とは

歴史を見る

銀行印認印

住民票とは

実印 とは

管理をする

盗難、紛失

割印

実印 印鑑登録

結婚のはんこ

印材 種類

個人売買

示談書を作るとき

相互リンク

ブログ

 

 

>印鑑とは

記名・署名捺印の場合、印鑑を押す場所は決められているのでしょうか。
  記名・署名捺印の場合、印鑑を押す場所は決められているのでしょうか。 法律には何ら制限はありません。ですので、署名した最後の文字の大部分に印影がかかっていても、少しかかっていても、まったく文字にかからなくても、問題はありません。
 
止め印とは?
  止め印とは契約書に余白が生じたとき、その余白に後で余計な文字を書き入れられないように、最後の文字の末尾に押す印のことです。止め印の代わりに、「以下余白」と記載していても同様の効果があります。 これは特に、一部だけ作成して相手方に渡してしまう、いわゆる「差入式」の文章の場合に有効な印といいます。止め印は、署名または記名の末尾に押した印と同一の印鑑を使用します。
 
消印とは?
  消印とは、契約書に収入印紙を貼った場合に、その印紙と下の契約用紙にまたがって押す印のことをいいます。消印の役割は、印紙の再利用を防ぐために押印するだけですから、必ずしも契約書の押印に用いた印鑑でなくてもかまいませんし、その契約書などに署名した、記名者全員で行う必要もありません。
また領収書などの発行時、印鑑をもっていない場合は、印紙と用紙の両方にまたがるようにボールペンなどで署名するだけでもよいとされています。
ページトップ▲