印鑑とは

 

起業の届出

起業の優位性

法人形態

起業のコスト

起業の印鑑

起業の段取り

印鑑 押印する場所

印鑑 証明について

住所移転

子供が産まれた

実印 の変更とは

歴史を見る

銀行印認印

住民票とは

実印 とは

管理をする

盗難、紛失

割印

実印 印鑑登録

結婚のはんこ

印材 種類

個人売買

示談書を作るとき

相互リンク

ブログ

 

 

>印鑑とは

契印
 

契約書が2枚以上にわたる場合に、1つの文書であることを証明するために、両ページにまたがって押す印のことを契印といいます。

 
1つの契印を半分ずつまたがるように、両ページの見開きに押します。
必ず1枚ごとに押す必要があります。
文書の末尾に記名した印と同一の印を押さなくてはなりません。
2名以上の署名者がいる場合は、全員の契印を押さなくてはなりません。
 
袋とじ」
各ページが帯で糊付けされていて、容易にはがれなくなっており、勝手に中の1枚を差し替えられないようにしてある契約書を「袋とじ」といいます。
この場合は文章の一体性が明らかなので、裏表紙と帯にまたがるように、1人1箇所に捺印すればよいとされています。
 
契印 袋とじの契印

割印
  同じ文面の文書を2つ以上作成したとき、その文書が関連のあるもの、または同一のものであるということを証明するための印です。
契約書の正本と副本、原本と写しのようなものに使われます。
領収書とその控えに
 
割印は契印のように必ずしも記名(署名)の末尾に押した印と同じでなくてもよいとされています。
同じ契約書を2通以上作成した場合に割り印を押すことがあります。
 
ページトップ▲