印鑑とは

 

起業の届出

起業の優位性

法人形態

起業のコスト

起業のはんこ

起業の段取り

印鑑 押印する場所

印鑑 証明について

住所移転

子供が産まれた

実印 の変更とは

歴史を見る

銀行印認印

住民票とは

実印 とは

管理をする

盗難、紛失

割印

実印 印鑑登録

結婚のはんこ

印材 種類

個人売買

示談書を作るとき

相互リンク

ブログ

 

 

>印鑑とは

実印とは印鑑登録したハンコのことをいいます。では印鑑登録とは?
  私たち個人が市区町村役場に特定の印鑑を登録すると、その印鑑が登録されたものに間違いないという証明をしてくれます。
この登録した印鑑を実印といい、市区町村役場が行う証明を印鑑証明といいます。

実印の材質は何がよいのでしょうか?
  実印は唯一他人に対して自分を証明できる印鑑です。
ですから、自分自身の証明するものとして、一生にわたって、長く使えるものがよいでしょう。

もちろん、象牙が材質として、耐久性も高く、摩滅や破損がなく一番よいと思いますが、ただ、価格のこともあるので、黒水牛やオランダ水牛でも大丈夫でしょう。

柘(つげ)は、価格的にお手ごろで、まだ若いときに作られるときは柘で十分ですが、年をとるに従って良いものが欲しくなってきます。

意外と車や貴金属などと同じように、印鑑でその人の判断材料にされる時もあるようです。

実印は自分を証明するものです。悪用されると大変なことになります。 保管にはくれぐれも気をつけましょう。


ページトップ▲