印鑑とは

 

起業の届出

起業の優位性

法人形態

起業のコスト

起業のはんこ

起業の段取り

印鑑 押印する場所

印鑑 証明について

住所移転

子供が産まれた

実印 の変更とは

歴史を見る

銀行印認印

住民票とは

実印 とは

管理をする

盗難、紛失

割印

実印 印鑑登録

結婚のはんこ

印材 種類

個人売買

示談書を作るとき

相互リンク

ブログ

 

 

>印鑑とは

実印・銀行印・認め印の違い
  実印、銀行印、認印というのはそれぞれ利用される場面での名称です。同じ印鑑でも、使用する目的によって違いが生じるのです。

極端に言えば、街角で売られている安い印鑑でも実印として登録できますし、姓名判断のもとで作った印鑑を認印として利用することもできるのです。 実印は印鑑登録をしたもので、自分自身を証明する大切な印鑑です。銀行に届けてある印が銀行印、それ以外の印を認印といいます。認印は宅急便の受け取りなど、日常生活の中で使っているもので、一人でいくつ持っていても構いません。

認印を銀行印として使用している人もいますが、盗用や紛失防止のためには別々にすることをお勧めします。 銀行印があれば手形や小切手が振り出せてしまいます。そういう意味では実印と同じくらい重要な印鑑といえるでしょう。


ページトップ▲