印鑑とは

 

起業の届出

起業の優位性

法人形態

起業のコスト

起業の印鑑

起業の段取り

印鑑 押印する場所

印鑑 証明について

住所移転

子供が産まれた

実印 の変更とは

歴史を見る

銀行印認印

住民票とは

実印 とは

管理をする

盗難、紛失

割印

実印 印鑑登録

結婚のはんこ

印材 種類

個人売買

示談書を作るとき

相互リンク

ブログ

 

 

>印鑑とは

1. まず印鑑を用意しよう!
 
1)

印影(印鑑を押したときの跡)の一辺の長さが8ミリの正方形より大きく、 25ミリの正方形より小さいもの。

 

2)

氏名をあらわしているもの。基本的には姓名を彫ったものであるが、各地区の役所によって若干の違いがあります。


3) ゴムなどの変形しやすい材質の判や、印影が不鮮または文字の判読ができ ないものは登録できません。

2. 登録できる人
 
日本在住で16歳以上の人は原則として登録できます。

3. 登録する場所
 
本人が住民登録している市区町村役場です。

4. 必要なもの
 
実印登録する印鑑
免許証やパスポートなどの身分を証明できるもの
登録費用

5. 印鑑登録の方法
  まず印鑑登録は、住民登録をしてある市町村役場やその出張所に、登録しようと思う印鑑を持参し、備え付けの申請書に必要事項を記載した上で、窓口に提出します。

申請が済むと『印鑑登録証』というカードが交付されます。

このカードさえ持参すれば、わざわざ登録している印鑑(実印)を持参しなくても、印鑑証明書を発行してもらえるので、安全且つ便利なカードです。

また、この印鑑登録証を持参すれば、代理人であっても委任状なしに印鑑証明書を
発行してもらえます。ただしその場合、登録者の住所、氏名、生年月日が必要となります。
したがって、印鑑登録証のカードは住所や氏名、生年月日がわかるもの(保険証や
免許証)などと一緒に保管しないようにしましょう。



ページトップ▲